昨日のnanoほんとにたのしかった、の話(やんぬ)

昨日のnanoは最高だった。

ふっきーこと、永尾蕗子さんの誕生日であり、レコ発。

もぐらさんに声をかけてもらった時から嬉しくて、楽しみにしていたけど、ほんとに、ほんとに間違いない夜だった。

ふっきーさんは話すように歌ったかと思うと叫ぶようにも歌う。

その一つ一つの、普段は見えていないコトモノを吐き出してるみたいな、バケモノみたいな歌だった。

nanoは狭くてあたたかい。

もぐらさん、まあこおばちゃん、みのうらくん、そして昨日はミキちゃんも、

最高のスタッフが占める温かみで、狭いライブハウスが充満している感じ。

でもそれは決してぬるま湯ではない。

もぐらさんはいつでも厳しくて、愛のムチを打ってくれるもんで笑

昨日もジョンジョンに「ギターの音ちっさ!!あげろ!倍にあげろ!」って怒鳴ってたんやけど。

私たちも「え?そんなんしていいんですか?」ってなりながらも、もぐらさんの言う通りにしたら上手くいく。

もぐらさん至上主義みたいに言うのはなんか違うけど本当にnanoに出るたび、

シャキッとするし、もっとがんばらなきゃって思うし、でもライブはパーティだから楽しまなきゃね、とかも思う。

ゆーすほすてる、ネコグルマ、雨面ナラカシ、永尾蕗子さん、その中に入って、自分たちが思ってるように「今日はみんなよかった!」って他の人が言ってる、

「みんな」に、私たちが入ってることを心から嬉しく思うよね。

それにしても昨日はドラマーもみんな強すぎて自分の下手さを改めて実感したなぁ、頑張ろう。

私は前のバンドでの初ライブ(つまりオリジナルバンドでの初ライブ)がnanoだった。

爆音ギターのバンドだったこともあり、自分のスネアの音が聴こえないくらいのへぼさだったんやけど

もぐらさんに初めて言われたのが「うまくなっていいんか、ならんほうがええのかわからんなぁ」

やったのを覚えてる。

あんまりうまくなれずに、でもちょーっとずつ私なりに進歩してるから、つまり今いい感じです笑

悔しいことも多いけど、着々と少しずつ前に進みます。

ふっきーさんお誕生日おめでとうございました。

みんなありがとうございました。

モリヤンヌ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です