スリーマンについて熱く語ってみます(やんぬ)

こんばんは。ドラムのモリヤンヌです。
2016年11月6日(日)にあるスリーマンライブ
「GREAT THREE MANきせつのかわりめ」のポスター作りました~。
どどんっ

ポスター_A2_縦型 [更新済み]

なんかこの三人楽しそうすぎて多幸感というか、逆に死にそうじゃないですか。

この日はTHE天国カーとAtomic stoogesというグレートなスリーマンでお届けします。
実はこの二組、ダイバーキリンはまだ対バンしたことありません。

THE天国カー

image

2~3年前に突如京都に現れて、ずっこーんって勢いでライブハウスを盛り上げて
2014年12月に上京したと思えば、ほぼ同時に活動休止したりメンバーチェンジがあって
この春に活動を再開させたバンドです。

見た目が胡散臭いしライブはあほなノリみたいなんもあるけど、
も~歌がいい。歌がいいんだ。どんだけこの人らの歌に救われたか!
ほんで、音がでかい。音がでかくて歌がいいバンドが一番好きだわ。
(ギターの花子さんはうちのジョンジョンと同じくブッチャーズめっちゃ好きやからそういう共通点もあったりする)

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=HllzKCWU7tY]

私がダイバーキリンに加入する前にやってたバンドの時から
天国カーとは仲良くさせてもらっていてお互いに企画に出たりしたこともあったのですが、
天国カーはワンマン~スリーマンでロングセットでやるのがすごく似合うバンドなんですよ。
音だけじゃなくて存在として重厚感がある。

そして、私もどうせバンドするなら、重厚感を出したいと思ってるわけです。
いろいろ出る夜も楽しくて大好きだし、最高なんだけど、
スリーマンが似合うバンドになりたい。

だからいつか天国カーとスリーマン絶対したいなあっていう想いがあって、
活動再開ってなったときに、やりたい!ってなって実現させてもらうことなりました。

やったね。

そんで、じゃああと一組誰呼ぶよ、ってなった時に、これまた重厚感があって、
天国カーはちょっと年上だから、もう一組は同い年くらいで組めたら最高やなと思い、
すぐに出てきたのがこの人たち。

Atomic stooges

ClZz4l8VEAEvN_U
この人らも2013年結成、そこからこの人らもバビューン!な勢いで活動して、
2015年にはフジロックに出演。
そのあとはアメリカのフェスSXSWに出演が決まったものの、大人の事情で出演がキャンセルになり、
紅一点であったドラマーが抜けたりして、
何かとドラマチックな展開が多いバンド。だと思ってる。

でもそれは偶然とかじゃなくて、圧倒的な実力の上にあるドラマだということは
ライブみりゃわかるし、音源聞いてもわかるよね。
二人とは同い年なんやけど、びっくりするほど二人とも大人で、
音楽に対してストイックだからいろいろ荒波を乗り越えるんやろうなあという強さを感じる。

Atomicを誘おうって思った時点ではドラマー抜けるって知らなくて、
誘う前に抜けることを知ったので「どうしよ!」って一瞬思ったんやけど、そういう強さを感じたのでもうこのスリーマンしかないわーという感じになって決まりました。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=L8DoSULli5Q] ちなみについ最近公開されたこのMVでドラム叩いてるのは
偶然にも元天国カーの向くんです
(このスリーマン誘った時にサポートしてることを知ったというほんまに偶然)

私たち的にも「なんちゅう3組や!」って感じではあるんですが
どんな日になるか、誰もわからんよね。

なにより、
最強な対バンを用意したのには、私たちはそりゃ
演奏の上手さとかで負けてる部分も多いかもしれないけど、
絶対に私たちにしかない良さがあるっていう自負があって、
なのです。他力本願ではなく。
当たり前やけど。
だからポスターはかっこつけずに、
げらげら笑ってるうちらでええ感じにできたー!とも思ってる笑

この日に向けてその負けない部分を磨きに磨ききって
納得いくスリーマンを作るつもりです。

本当に大切な日にします。

負けへんで~!

是非、遊びに来てください。

モリヤンヌ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です