『海でもいい』について (山中)

どうも山中です。

ダイバーキリンは4/15に扇町para-diceにて、para-diceの8周年と合わせて、レコ発企画をします。

新しいミニアルバム『海でもいい』です。とてもいいアルバムが出来ました。本当に。自信作。なので、テンションが上がったわたしはこれからセルフライナーノーツ的な物を書いていこうと思います。リリース前やのに!気が早い!歌詞、内容中心。こんなん初めてやる!セルフライナーノーツとか言うとけば、なんかかっこよさげやし!!笑

4/15のリリースまで、またその後も、読んで更にお楽しみ頂けると嬉しいです。

素晴らしいジャケット。絵描きで、ざらめ箱gt,voのコジマユイちゃんが描いてくれました。具体的なイラストじゃなく、なんかこう、イメージ推しが良い!という僕らの意思をバチバチに表現してくれました。嬉しい。

この『海でもいい』というミニアルバムは個人的に北海道を強く意識したアルバムです。曲のテーマが北海道かどうかとかはともかく、去年の10月に北海道へ行けたのがかなりきっかけになっています。
 
1.リバーサイド

春先に、鈴木実貴子ズを観に行く途中、自転車で淀川に掛かる大きな橋を渡っている時に出来た曲です。天気があんまり良くなくて、ジメジメした感じと夕方から夜にかけて暗くなっていく感じがインスピレーション。カップル、野球部の中学生3人くらいとすれ違ったのが妙に印象的でした。アノランペ、stereo future、メシアと人人あたりを意識して作りました。

 

2.eleki

僕の楽器初体験は中学2年生の冬、BUMP OF CHICKENに憧れた結果のベースでした。でも始めたてではそもそもベースの音がどれなのかも良くわからず、CDやiPodで音楽を聴きながらベースの音を聴き取るのに必死でした。実家に置いて来た、初めて買ったIbanezのベースと、通学路やっただだっ広い田んぼ道を思い出したのをきっかけに出来た曲です。ダイバーキリンが苦手な高BPM曲(それでもかなり遅いですが笑)。toddleみたいになればいいな〜と思いながら作りました。

 

3.Tuesday

晩のバイト終わり、店長があんまりにも体調悪そうで、「今日はまかない作る元気ないわごめん、、、」って言われた後に近所のす○家へ行き、その帰りに出来た曲です。入った時は止んでたのに、食べ終わって出て来たら雨また降ってるやん!という状況。ジメジメしたのん多いですね。学生時代にアメリカに行ったこと、前のメンバーで作ったロサンゼルスという曲のことを思い出して繋げ合わせたらなんかええ感じになりました。アルバムの中で一番スルメ曲やと思います。火曜日だってビールは飲みたい。憧れはyo la tengo。サビ頭のギターが2人のコーラスみたくて気持ちいいです。ほわんほわんディレイも楽しい。

 

4.うみべの町

和歌山の海の歌、歌詞の通りの歌です。笑

めぐやんぬには「これめっちゃリア充の歌やん」と顔をしかめられました。過去の話や過去の!!でも良い曲です。サビのギターがやたらメタリックに仕上がって気に入っています。

 

5.手帳

これは100%北海道の歌。去年の10月に北海道へ、うちら3人と、カメラマンたかもっちゃんと一緒に行った帰りのバスで、飛行機の中で見たもの人、北海道で見たもの人を思い出しながら。家に帰る頃にはほとんど出来上がっていました。アレンジで色々要素を詰め込んでいったら、3分ほどの曲やのにかなり壮大に、エモーショナルに仕上がりました。やんぬのハイパーコーラスに注目、さながら原田郁子or元ちとせ。タイトルやサビの歌詞は言わずもがなサニーデイサービス。2016年は風がさわぐ、2017年は手帳、といった位置付けの曲です。

 

6.なつやすみ

1人で琵琶湖岸を歩き倒していたときに出来た曲です。夏休みって、終わる頃にはあっという間で、夏の終わりなんてなんだか切ない。子どもの頃に感じていたことって今になって覚えてるかな?なんてことを思いながら歌詞を作りました。10何年前の真夏に亡くなったおじいちゃんのこととか、お盆があったりだとか、夏も別れの季節かなぁなんて思います。なんとなくwilco意識。ギャリっとアルバム本編の締めくくりです。

 

bonus.いつかね

みんなでスタジオに入って、いっせーのーせっの1テイクだけで録れた音です。いなたくて良いです。サビのギターが爆発してます。みんなで同時にレコーディングなんて初めてで(通常レコーディング時はメンバーそれぞれ別々に録音していきます。)、目の前にメンバー2人がいるのが新鮮でアガりました。歌詞はもう、歌ってるまんまです、みなさんもフったフラれた時に聴いて下さい。笑

冒頭の音は北海道、苫小牧から新千歳空港へ向かうバスに乗る時の音です。バッチリな音を、カメラマンたかもっちゃんが押さえててくれました。バッチリ。

ボーナストラックにしたのは、曲・音の雰囲気が、ザラザラしてる方がより良いなぁと思ったので。少し本編と距離を付けてみました。

 

 

 

どうでしょう、ライナーノーツってこんなんでいいんですかね。笑

あんまり曲の内容について話したりする機会って無いので、せっかくのブログ、やってみように至りました。話したがりなんです。

今のダイバーキリン、新しい曲も上がってきています。7月にまた北海道へ行きます。4/15にミニアルバムをリリースしますが、もちろんそれ以降も止まらず着々と積み重ねているところです。そんな4/15、リリースとともに、素晴らしいライブが出来るよう準備を重ねて行く次第です。

4/15(土)扇町para-dice

ダイバーキリン 『海でもいい』レコ発&para-dice8周年

「きせつのかわりめ 春 GREAT THREE MAN」

ダイバーキリン / SUEZEN(広島) / シゼンカイノオキテ

18:00/18:30, ¥1700

とんでもないスリーマンです。音が爆発しそう(共演2バンドとも音がデッカイ!!!)。扇町公園でお花見の後、楽園para-diceへ浴びに来てください。当日わたしはトップのシゼンカイノオキテから頭振りまくっていることでしょう。全バンド45分。たまりませんよ。

待ってます。楽しみに待っててくださいね。

 https://youtu.be/UKWl5njdwB0

たかもっちゃん撮影のトレーラーも合わせて。

それではまた。山中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です